Diary
2017.01.09
HP引越ししました。
久しぶりすぎる更新。
HP内容もだいぶ古くなっているので、追々リニューアルしなければと思っています。

2010.01.23
今年のARTOYの打ち合わせをしました。
場所は、銀座松屋近くの貸会議室。
僕達夫婦はとりあえず、会場構成を担当することとなりました。
ARTOYの今年のテーマは「浮遊」。
例によって、段ボールを使用するつもりなのですが、どのように「浮遊」感を表現するか。
漠然としたイメージやアイデアはあるのですが、まだまだ検討段階。
そろそろ、真面目に取り組まなくては…。
打ち合わせ後は、松坂屋近くのLIONで皆さんと一杯。
とても楽しいひと時でした。(剛)

dansaurus-04
今年のARTOYは?

2010.01.19
今日、東京コンテナからダンザウルスのサンプルが到着しました。
ひとつはレーザーカッター、もうひとつはサンプルカッター。
比べてみると、サンプルカッターのほうが好感触!
レーザーはシャープすぎて、触ると手が切れてしまいそう。
その点、サンプルカッターのほうが段ボールの温もりみたいなものがよく表現できているようでした。
さて、今後の展開は…?(剛)
dansaurus-04
三匹のトリケラ。右から、レーザー、サンプルカッター、そして手切。

2010.01.08
え〜と、約1年半ぶりの更新です。
ご無沙汰しております。
最近やっと時間が出来、久しぶりにハウスコのコンペに応募してみました。
例によって、コンテナを使ったモコハウスシリーズです。
ネーミングは、最近DVDで観た「崖の上のポニョ」をもじって「丘の上のモコ」!
ご興味がありましたら覗いて見て下さい。→「鎌倉市N邸」(剛)
kamakura-n
丘の上のモコ

2008.06.29
だいぶご無沙汰してしまいましたが、村尾夏代です。
夫=剛は、事務所活動と掛け持ちで始めた仕事が多忙を極め・・・。一方の私は、今春から東洋大学ライフデザイン学部の非常勤講師・・・。俄かにこの一年で、MDWの状況は一変してしまいました。そんな中、今年は剛に変わり、私=村尾夏代が“ARTOY展2008”に参加してまいりました。なので、私自身はARTOY展初参加のはずなのですが、過去2回とも縁の下の力持ちを務めてきたせいか、そんな初々しさはなく、まるで常連さんの如しの顔をして、参加してまいりました。
今年のテーマは「無限」。対する私の回答=作品は“だん・ぶろっく”。これは、カラーダンボールを積層して作った動物や人型のブロックで、飾る良し、積み上げたり繋げるも良し、たぁくさん並べてドミノ倒しも良し、さぁてあなたならどうする???・・・と無限の可能性はユーザーにふってみるという、少々他力本願な作品です。(爆)
製作は、ダンボールに形を1つひとつカーボン紙で転写し、細心の注意をはらいながら30度カッターで切り出し、丁寧に貼り合せるという工程。発想は安直ですが、製作はこつこつ地道に延々と・・・、それこそ“無限”の時を感じながら、愛情を込め、執念で作りあげました。そんな作品たちを、お客様や他の作家の方は、感心するやら呆れるやら、その根性に同情し、笑ってくださいました。(汗)
今回のARTOY展は、以前にも増して手作り感の強い展覧会で、作品とは別に、会場の備品類も作家が分担して製作。私も、お客様に一休みしてもらうための“ベンチ”を、作家の久保進さんとコラボで作らせていただき、一役買わせていただきました!もちろんこちらもダンボールで・・・。評判は、実用的故になかなかよろしくて、空間にもしっくり馴染み、喜んでいただけました。そんなこんなでしたので、作家の方々ともよりお近づきになれ、頭の柔らかぁい人々と接して、とてもリフレッシュできました。
MDWにとっては3度目の正直となったARTOY展2008。ダンボールの積層した表情に魅せられ、ついつい大変な工程は省みず、無謀なことをしでかしてしまうのですが、4度目の正直はどうなることやら(汗)乞うご期待?!
最後になりましたが、遠方よりお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。

artoy-10
今年の品揃え
artoy-11
ワニ?ヒト?ゾウサン?
artoy-12
ワータオレチャウヨー
artoy-13
どうやって遊ぶの?
artoy-14
ベンチもダンボールで造りました

2007.11.01
アートイ展に出品したダンボール作品たち=ダンザウルス、ウェハースチェス、摩天楼チェス、ダンボールオセロ。展覧会終了後は我家でひたすら眠っていたのでありますが、ありがたくもダンボールメーカー“東京コンテナー”さんよりお誘いいただきまして、再び日の目を浴びることと相成りました。
今回は東京コンテナーさんの商品との共同展示で、期間は11/1より3週間、場所は都民銀行神田支店の待合スペースの一角です。人通りの多い靖国通りからも作品は観られるようになっていますし、社名もたいそう大きく立派に表示していただき、その抜群の宣伝効果には腰が抜けそうです(笑)
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただき、ご鑑賞下さい!
実は東京コンテナーさんとは、これら作品の商品化を現在検討中でして、この展示が良い弾みになればなぁと願っているところであります。銀行閉店後に始めた展示設営作業は1時間半ほどで無事終了し、最後に東京コンテナーの皆さんと一緒にパチリッ!記念撮影。銀行の方からは、「神田という土地柄か普段は書籍のディスプレイが多い中、今回のようなアート志向の強いディスプレイは目を楽しませてくれますね〜」と嬉しい感想もいただき、幸せ気分で帰路に着いた夏代でした。(夏)

tomin-01
ボードゲームはショーケースの中に・・・
tomin-02
東京コンテナーの皆さんと一緒に!
tomin-03
銀行シャッターが下りた後、靖国通りより

2007.06.24
6日間の「ARTOY展」も今日が最終日。結構あっという間です。優介の友達が来てくれるので、午前中には着くように会場に向かいます。最終日だけあって、会場は鮨詰め状態。でも子供たちは結構楽しく遊んでおりました。午後には、タリアセンの佐野さん一家も来場。5時には予定通り無事終了いたしました。遠い所、わざわざ観にいらして頂いた皆様、どうもありがとうございました。(剛)
artoy-09
佐野さん一家と記念撮影

2007.06.22
24日まで、お台場で開催している「ノマディック美術館」を見に行く。グレゴリー・コルベール氏の作品を展示するために、コンテナなどの仮設材で建てられた移動式の美術館。コンテナハウスをプロデュースしようとしている僕達としては、是が非でもこの目で確認しなくては、とKAに飛び乗ったのでした。
実物を前にすると、なかなかの迫力。コンテナをこのように千鳥に配置するアイデアは秀逸。ファサードは、コンテナの色に合わせて、コーディネートされている。中心の紙管の柱は荷重を負担せず、意匠上の理由で採用された。個人的には、こおいう部分がヒッカカルンダヨナ〜。しかし、コンテナを利用する為に考え出されたディティールは、どれも見応えがあり、大変参考になりました。
でも、結局美術館の中には入らずに、外側とミュージアムショップを見学しただけで、早々に銀座の「ARTOY展」会場の「すどう美術館」に向かったのでした。(剛)
nomadic-01
ノマディック美術館
nomadic-02
青海駅からのアプローチ
nomadic-03
ミュージアムショップ

2007.06.17
かなりご無沙汰してしまいましたが、皆さんお元気ですか?僕は、3月末からMDW以外の仕事を掛け持ちでこなすようになったので、今までのように頻繁にHPを更新することが出来なくなってしまいました。それでも、徐々に新しい環境にも慣れ、最近やっと少し時間の余裕が出てきました。じゃあ、その時間で何をやっていたかと言うと、昨年も参加した「ARTOY展」へ出品する作品をコツコツと作っていたのでした。
昨年に引き続きダンボールを素材とし、チェスとオセロ、2種類のボードゲームをつくりました。今年の「ARTOY展」のテーマが「つなぐ」なので、ゲームをとおして人と人とがつながればいいな、と言う思いを込めました。(かなり、無理やりなようにも思えますが・・・。)
オセロは、全面的に夏代のアイデアと製作により仕上げました。チェスは、昨年製作した「ウェハース チェス」のボードを変更した新たなバージョンをつくり「ウェハース チェス-2.0」と命名。更に超高層ビルを駒に見立てた「摩天楼チェス」を新作として出品しました。予想通りこの「摩天楼チェス」の製作が一番厄介で、搬入の前日は徹夜となってしまいました。それでも、今年はディスプレイ台も既に製作してあったので、昨年のように作品搬入後にディスプレイ台製作という、ヘビーな状況にはならずに済みました。
搬入当日は、夏代の実家に優介を預けて、KAに荷物を積み込み「すどう美術館」に向けて出発。さしたるトラブルもなく、無事セッティングを終えることが出来ました。(剛)
artoy-05
なぜか、また原さんと
artoy-06
天井も使います
artoy-07
セッティング完了!

2007.03.17
えーと、今日は優介の卒園式です。4年近く通ったあさのみ保育園とももうすぐお別れ。ちょっと寂びしいな。でも、父親よりも母親のほうがもっと感情が高ぶっているらしく、夏代なんて、子供たちが歌う歌の歌詞を読んだだけで、涙があふれてくると言っていました。あ〜あ、つくづくバカ親。それでもなんとか卒園式も、その後の父母による謝恩会もつつがなく終了。優介は後、お別れ遠足を残すのみ!(剛)
asanomi-01
親子3人揃って、ハイチーズ!
asanomi-02
ダンザウルスも飾ってあるよ!

2007.03.11
久しぶりに土日が休みだったので、優介に何かつくってあげるよと言ったのが運の尽き。待ってましたとばかりに、「ダンボールで戦艦大和をつくって!」と言われてしまいました。トホホ・・・。しょうがないので、ダンザウルスと同じ造り方で、図面を描いて、トレースして、カットし、張り合わせました。でも、出来上がってみるとナカナカのもので、ナンカユウスケニアゲルノハモッタイナイナ・・・。案の定、優介はねずみ色に塗るんだと言い出し、父の思いを他所にグレーに塗りたくってくれました。ハハハ。(剛)
yamato-01
ダンボールヤマト
yamato-02
ヤマトを彩色中!

2007.03.07
夏代と2人で、東京ビッグサイトで開催している「建築・建材展2007」へ。十数年建築の設計に携わっているが、この建築・建材展を観るのは、実はこれが初めて。あまり時間がなかったので、ざっと眺めるだけだったが、なかなか面白いブースが目白押しでした。その中でも、僕達がかなり気になった物を1点紹介します。これは、大分県のアキ工作所というところが、製作・販売している「d-torso」という、ダンボールをレーザー切断機を使って部品を作成するディスプレイ用マネキンです。僕達はダンボールをカットするのには、抜き型やサンプルカッターしか方法がないと思っていたので、なるほどこの手があったのかと、唸ってしまいました。切り口もシャープで、緻密な印象を受けました。ウ〜ン、勉強になるな〜。(剛)
d-torso-01
d-torso

2007.03.02
千葉県八千代市にある、山田ダンボール千葉工場に見学を兼ねて打合せに出かけてきました。初めて見るダンボール工場は、想像以上の規模で、かなりの迫力でした。帰り道、偶然かつての同僚、伊藤美緒さんの勤めている伊藤建設の看板を発見!美緒さんと小1時間程おしゃべりをし、お土産までもらって帰ってきました。(剛)
yamada-01
山田ダンボール千葉工場
mio-01
ミオッチ!

2007.02.22
優介の友達の親御さんから、メバルを5匹もイタダイテシマッタ。早速2匹を3枚におろし、これはお刺身。残りの3匹は煮付け。アラは潮汁にしておいしくいただきました。(剛)
mebaru-01
メバル5匹と格闘中

2007.02.20
Shiodome italiaで開催中の「ニッポンのデザイナー展」に夏代と2人で出掛けてきた。首都高の地下駐車場に、KAを置いて地上に出てくると、最近取り壊しが決まった「中銀カプセルタワービル」がすぐ傍に。メタボリズムも、結局1回も更新せずに姿を消してしまうのだなと思うと、色々考えずにはいられませんでした。(剛)
nippon-designer-01
ニッポンのデザイナー展
nakagin-01
中銀カプセルタワービル

2007.02.10
優介のランドセルを購入しに、足立区の土屋鞄製造所へ行ってきました。ここは、実際に職人さんたちがランドセルを造っているところを見学できるそうなので、優介よりも親達のほうが興味津々!
環7をエッチラオッチラ黄色い車で向かうところ2時間で目的地に到着。(意外に早く着いたな〜)ここは、限定200本のヌメ革のランドセルが有名なのですが、もう今年の分は売り切れ。もともと優介は、青い色のランドセルが欲しかったようなので、紺のクラリーノのランドセルを購入。でも、これから製作に入るのでお届けは来月になるそうです。(恐るべし土屋鞄)
ここは、ランドセルのほかにも普通の革の鞄なども販売展示しておりました。それがどれをとっても良いツクリ!夏代はかなり目がマジになっていました。(剛)
土屋鞄製造所

tsuchiya-01
土屋鞄製造所花畑工房店
tsuchiya-02
お店の前で記念写真
tsuchiya-03
工房のなかの様子。ランドセルが一杯!
tsuchiya-04
大きな牛の一枚革