OI-system
コンセプト
OI-systemは、セルフビルド可能な軸組工法です。OI-systemの特徴は、
  1. 柱には、O型断面の中空集成材。梁には、I型断面の複合梁。どちらも高効率な断面なので、部材重量を抑えることが可能です。
  2. 接合部は金物のみとし、木材は介在させません。木材と金物の接着は工場でおこない、接着面の信頼性を高めます。フレームはヒンジ・ジョイントなので、ブレースや面材などにより安定化を図ります。
  3. 建て方は、柱を回してねじ込むだけなので、高度な技術を必要としません。部材も軽量なので大きな重機は要りません。また解体、移築、転用が容易にできます。
今の住宅の短命化の問題は、住み手が家づくりの現場から離れてしまっていることに、原因があると思います。住み手が何らかのカタチで家づくりに参加し、その後の維持管理にも積極的に関わって行くことが、住宅の長命化につながると思います。それには、従来の工法を見直し、素人でも簡単に組み立てられるような工法をつくり上げることが必要だと思います。

oi-system-model
ジョイント部分の組立てアイソメトリック図

組立て方法
oi-system-assemble-01
1、現場にパーツを搬入。
oi-system-assemble-02
2、あらかじめセットしておいたベースプレートに柱を立てる。
oi-system-assemble-03
3、柱と柱の間に梁を架ける。

oi-system-assemble-04
4、ブレースをセットし、フレームを安定させる。