Sheds History

三谷幸喜監督の作品に、「みんなの家」という映画があった。
脚本家夫婦(田中直樹&八木亜希子)が新居を建てることになり、それに協力するのが、妻の友人、唐沢寿明扮する建築家と、妻の父、田中邦衛扮する昔かたぎの大工という設定。モダンデザインにこだわる建築家と、伝統的常識にこだわる大工は、ことごとく対立し、その間で、こんなことで家は建てられるの?と優柔不断な夫とその妻はオロオロ・・・。ドタバタ劇の末に、両者は互いのプロ魂を認めるようになり、施主+設計者+施工者による「みんなの家」は感動的に完成する・・・という三谷氏の実体験をもとにしたストーリーであった。
コメディータッチに描かれているが、単純に○と×、善と悪に割り切れないこの世の中で、互いの違いと誇りを認め合い、みんなの力を借りて、物事は出来上がってゆくのだ〜という事が伝わる、心に残る映画だった。夫の剛と見に行って、妙に親近感を覚えたのを思い出す。
何故かって?それもそのはず、その頃、私達夫婦が、まさに渦中の人であったから!
というのは、実家の建替えにあたり、設計者として参加していたのだ。 施主は親夫婦+妹、設計者はその娘夫婦(つまり、私達)。立場に違いこそあれ、身内の人間が住み手と作り手に別れて、家づくりに関わることでは、この映画と共通していた。
本来、家づくりとは、住み手と作り手の様々な思惑が交錯し、一喜一憂しながら進んでゆくもので、そこに生まれる対話こそが家づくりの醍醐味ではないか、と私達は思う。施主と設計者と施工者、立場が違えば3者それぞれに、最善の策は違うものである。時としてトラブルが生じるのも、やむをえない。ましてや、そこに関わる人間が身近な存在であれば、エゴ丸出しの本音トークになったり、出すぎた干渉もついつい・・・。あ痛たたぁ〜っ!となる。でも、それは真剣にのぞんだ証であって、そう思えば後悔には値しなかった。そんな苦いプロセスをも納得し、じっくり楽しんだ末に完成した実家“Sheds”は、「みんなの家」として、それぞれの心に刻まれることとなった。
竣工して、はや3年が過ぎた。「あの時は・・・」と、苦々しくも楽しい思い出を、親子で、夫婦で、今では笑顔で話している。
そんなこんなを含め、赤裸々につづる“Sheds History”を、どうぞお読み下さい。
まずは夏代編から・・・。



夢からはじまり・・・

椎名事務所で担当した美術館のオープニング実は屋根の上・・・椎名事務所仲間に乗せられて夫とツーショット!
私(夏代)が生まれると同時に建てられた家は、父方の祖母が息子夫婦のためにと建てたもの。 妊娠中であった母は、その家づくりへの参加かなわず、この次に建てる家こそはぜひ自分達で!という母の夢は、この時から始まっていた。そんな影響を受けてか、多少デザインに興味のあった私は、母の夢に便乗し、いつの頃からか、建替えを夢として意識するようになった。
高校2年生の頃、水回りのリフォームをした。その時レイアウトを考えたり、カタログを見たり、設計のまねごとをしたことが面白くて、その流れ(勢い?)で大学は住居学科に進み、幸か不幸か、建築の世界へ足を踏み入れることとなった。
大学では、今は亡き巨匠林雅子先生と出会い、いろいろな設計事務所でのアルバイトを経験し、ヨーロッパ建築ツアーに参加。建築の奥深さを学生なりに思い知ることとなった。甘い気持ちでこの世界に入ってしまった私は、少なからずショックを受け、たじろいだ。ならば、ここらでやめておけば良かったのだけど、そこは自称バカ真面目な私。建築の素晴しさを知ってしまった以上は引き下がれないではないかぁ〜と、無謀にも「素晴しい建築!」を目指す、師匠椎名英三氏のもとへ・・・。
才能もない、自信もない、ないないづくしの私は、椎名氏の作品のファンですと駄々をこね、無理をいってスタッフにしてもらった。そして、温かく、時には厳しく、建築の素晴しさ、設計の奥深さを懇切丁寧に教えていただいた。
椎名英三建築設計事務所には1990年から7年間お世話になり、夫とはそこで知り合った。この夫は私とは実に対照的な人間で、気まぐれで、根拠のない自信(?)にあふれ、しかも椎名事務所始まって以来の問題児・・・。なのに怖いもの見たさ(笑)で何故か結婚。(こういう人生の選択をしてしまう自分が、時々不思議になります。)
その後は、2人揃って義父の建築設計事務所(義父は低層集合住宅の登竜門「ライブタウン浜田山」の設計者で、はとバスの名車“スーパーバス”のデザイナーでもあります。)を経て、建築士の資格も取り、世紀末にいよいよ独立・・・・・の運びとなる。
思えば、私の頭の片隅には「実家の建替え」という言葉がずう〜っとあった。いつか自分で!という思いが目標であり、励みとなって、とうとうここまでたどりついたようである。



夢が現実に・・・
町屋の屏風飾り  坪庭と部屋の重なりが美しい〜 1999年夏。独立最初の仕事は、悲願の実家建替え!(駆け出しの私達には、真にありがたぁ〜いことです!)
両親も、特に母は、ようやく夢の扉が開くとあって、嬉しかったようである。(お待たせしました・・・)新しく建てる家では大好きな京都の風情を表現してほしいと、早々に接待旅行(?)を企画してくれ、華やかな祇園祭の旅に連れ出してくれた。祭りの宵山の頃は、背の高い山鉾に提灯がともり祇園囃子が奏でられ、街全体が賑わいを見せる。その一方で旧家では、虫干しも兼ねて秘蔵の屏風や書画などを表の間に飾る「屏風飾り」が行われ、表の格子を外し、道行く人や親しい客に見せる慣わしがある。調度品の素晴しさはもちろんであったが、簾戸を通して坪庭やまたその奥の部屋が重なり見えるその様は、とても粋で気品にあふれ、京町家の優雅な美の世界に素直に参ってしまった。
その後、さらに貪欲になった私達は、とにかく自分の目で直に建築を見たい!という思いにかられ、愛車KA(黄色の可愛い車です)に乗って、一ヶ月間にわたる“西日本建築ウォッチング”の旅に出た。古典建築から最新の建築まで、ジャンルを問わず、ありとあらゆる建築を見て廻り、「カメラ」というフィルターを通さない生の建築は、色んな事を感じさせ、考えさせ、気づかせてくれた。
風景と建築の調和と対比、大いなる自然に対し正直な建築の耐久性、空間や形態が人の心に及ぼすもの、あまりにあたりまえすぎることだけれど、建築は人に愛されてこそ生きるのであって、生かすも殺すも人間次第ということ・・・等々。

愛車KA! 伊勢神宮外宮(三重県) 白翳の家(大阪府)by坂本昭 光の教会(大阪府)by安藤忠雄
キリンプラザ大阪(大阪府)by高松伸 旧閑谷学校(岡山県) 風の丘葬祭場(大分県)by槙文彦
石山寺(滋賀県) 丸亀猪熊弦一郎現代美術館(香川県)by谷口吉生 厳島神社(広島県) 紙の教会(兵庫県)by坂茂
県営住宅ハイタウン北方(岐阜県)by妹島和世 世界平和記念堂(広島県)by村野藤吾 ホテル イル パラッツオ(福岡県)byアルド・ロッシ他





いざ始めてみると・・・

前川国男邸の外観前川国男邸の内観(居間の吹抜け)
1999年秋。ゆっくりと独立の準備期間をとり、たくさんの建築を見たことで多少私達の「目」も肥え(?)、知識もそれなりにインプットされた。そこで、いよいよ設計スタート!夫と私は、競い合うようにスケッチを始め、雑誌やプラン集をめくり、頭を回転させ始めた。
施主からの条件は、拾い出したら数え切れないほど沢山あったが、大きくは、駐車スペース2台分(所有するのは1台だが、来客用としてプラス1台)、趣味の草木染めのアトリエと水場、親戚などが泊まりに来た時のための客間が欲しいという3点。敷地は15m×18mの整形、南斜面の雛壇敷地で、前面道路は南側という好条件。施主の顔も知りすぎるほど知っている間柄ゆえ(なにせ両親と妹ですから・・・)、必要な情報もあらかた把握できていた。
当初、施主は吹抜けに対し難色を示していたが、新人建築家のサガなのか、私達の吹抜けをデザインしてみたいという思いも強く、東京たてもの園内に移築された前川国男氏の自邸へと案内した。そこでは実際に吹抜け空間を体感してもらい、この程度までなら・・・という妥協ラインを確認し合い、どうにか承諾してもらうことができた。デザインする側からすれば、かなり恵まれた条件での設計スタートであった。 しかも、もはや私達はスタッフではなく、自分の価値観でデザイン決定できる立場!自由にエンピツを走らせるのはさぞかし楽しかろう、アイデアは泉のように湧き、あっという間に納得の案がまとまるだろう・・・と期待に胸膨らませ、高をくくっていた。
が、それは甘かった。確かに、案は無限に出る。「自分好み」を盛り込んだ案が、無数に出来た。が、何かが足りない。しっくりこない。いまいちの感が残る。それでも施主の反応の中から何かを探れるかも・・・と考え、週に4〜5案のペースで提案しつづけた。30案近く見せ続けられたところで、素人である施主は混乱し、パンク寸前!(当然ですね・・・)冷静さを欠き、空回りし始めたと自覚した私達は、とうとう同業の先輩や友人、義父にその案を見せ、意見を求めた。・・・つまりプロがプロに意見を聞くという、恥ずかしい行為に出たのである。すると案の定、「自分好みを追うあまり施主の生活が見えていないのではないか」「アプローチが良くない」等々、プロならではの鋭い意見が幾つも出た。なかでも義父に言われた、「細かいことにとらわれ過ぎて、敷地をどう活かしたらよいのか、基本の基の字が出来てなぁ〜い!」の言葉は、ガッツーンと響き、冷水を浴びたようだった。



仕切り直し!
1999年冬。初心者マークを堂々とはり、貴重な意見を真摯に受け止めた私達は、頭をリセットし再び考えをめぐらせ始めた。敷地図に建物と駐車場の位置関係だけを示したラフなスケッチを、幾パターンも作り、壁に張り巡らし、腕組をしてメリットデメリットを議論しあった。そして、敷地周辺の街並みを何度も歩き、考察した。
青空で計画していた駐車場のレイアウト検討!
そこで思い当たったのが、駐車スペースを青空で計画していたこと。敷地に余裕あるとはいえ、車2台分となると相当のスペースが割かれ、庭は狭くなる。普通に素直に考えれば、建物は北に寄せ、南側道路に接して駐車スペースをとり、残った部分が庭とアプローチになるのだろう。しかしその庭に何か期待できる?特別な思い入れもない車をいつも眺めて過ごすのはどうなの?・・・どぉ〜もいただけない。建替え前がまさにその景色で、それにはホトホトうんざりしていた。この思いは施主の中にも少なからずあったようである。ならば、屋内に取り込むようにしたらどうか?庭を広く確保できるし、景色の改善はできそうである。しかし、コストアップの要因にはなることは否めないし、雛壇敷地であるため、そのレベル差が室内において出てしまうというデメリットもある。今は健常でも、今後の施主の高齢化を思うと、それはどうかとも憚られた。(かなり悩みました・・・)それに対し施主は、「レベル差は雛壇敷地の宿命でどこかには生じるもの。必要に迫られたときに何かしらの対応(リフト設置等)が可能であれば良いのでは?」との返事。またコストアップも多少なら・・・と、駐車場屋内案を検討することを了承してくれた。実のところ、父は洗車が楽になる!と、ひそかに喜んでいたようであるが・・・。
この新たな視点が見つかったことで、ようやく初めの一歩が踏み出せたようだ。そして、駐車場をとりこんだ南部分から東西方向一杯まで使った北側部分へと繋がる、L型の建物配置が浮上してきた。

1 2 3
駐車場を屋内に取り込み、庭を広げる 駅からのアプローチに対し、迎え入れるような、L型の建物配置 西側の隣家からは出来る限り距離をとり、東側は既存ブロック塀により、プライバシーを確保する



一難去って、また一難!
それから間もなくして、事件発生・・・。というのは、2000年2月、私の妊娠が判明し、ひどい悪阻に悩まされ、設計どころでなくなってしまったのである。夫婦で活動しているから、私一人が脱落しても設計は進められるし、それほど支障はない。むしろ夫にとってはその方がやりやすかったかもしれない(笑)。だが、この設計は私にとって長年の夢、特別な思い入れがある。志半ばにして脱落してしまうのは、あまりにつらすぎる・・・。一生のお願い〜!というのは極端だけれど、私の身勝手であることは重々承知の上で、施主と夫に泣きついて、設計を一時中断させてしまった。また時期を同じくして、義父からはありがたくも仕事依頼の話をいただき、その間、夫はそちらの仕事をすることになった。
結局、3ヶ月のブランクを経て、設計は再スタート。中断して他の設計に関わった事は、時間の遅れを取り戻すことで頭が一杯になってしまうのではと想像していたが、不思議なもので、逆にいい意味での冷却期間となり、客観的に自分の設計を見直すことが出来るようになっていたことは、意外だった。



ようやくまとまった、基本設計
そもそも基本設計とは、その後、肉づけ色づけしていくための、重要な骨格を固める時期。よくよく吟味し、本質を見極める必要がある。施主に「すべてを吐き出して!」とお願いするのはこの時期だし、設計者もそれを受け、七転八倒して悩みまくる。特に“家”というのは、生活の原点。それを真面目に突き詰めると、その人の人生観や人そのものが浮かび上がってくる。“家”という物質について話しているのに、いつの間に、性格とか生き方とかに話が及ぶことは、ままある事。そして、核心を突かれると動揺する。矛盾が出る。突かれる。そしてまた動揺する・・・(怖!)まして、ここでは施主と設計者は親子だから、ついつい熱くなってしまうのだった(苦笑)
母の矛盾には、こんなことがあった。
@“老い”を意識すると、便利で楽〜な暮らしがしたい。だから、間取りはシンプルにして兼ねられるものは兼ね、多くの事が1スペースでまかなえるようにしたい。でも一方で、人目が気になり、いざという来客時にも恥ずかしくない、キレイなところは別に確保しておきたいという。所要室ごとに分析すると、アトリエ→汚れる。客間→キレイ。居間食堂→汚れるところでありキレイな見せ場でもありたい。すると、結果として間取りが減らない。
A庭を積極的に使い、アウトドアの生活も楽しみたい。だけど、見られるのはイヤ。気恥ずかしい。

母の場合、“老い”と“他人の目”を気にするあまり、もっと攻めたい!でも守りたい!という相反する思いが堂々巡りしていたのである。母自身、家族も設計する私達も、そのジレンマから脱出できるまでには、ずいぶん時間がかかり、やきもきした。「一体、どっちなの!」と答えを迫ってはみても、どちらかに割り切れることはなかった。でもある時、その矛盾こそがヒントなのでは・・・!?矛盾を消し去ることに執着せず、矛盾こそが個性だと思えるようになると、徐々に絡まった糸はほぐれ始めた。
そしてようやく、吟味に吟味を重ねた結果、下記のように4つのゾーニングが見えてきた。

  1. 居間・食堂・台所と浴室・洗面所・トイレなどの基本生活スペース
    日常生活の場として、フルタイムで使用される。
    位置は1階のプライバシーの高いエリアに、機能性よくまとめたい。


  2. 2つの寝室
    プライバシーの高い、落ち着いた場所に!2階でもよい。


  3. 客間と草木染のアトリエ
    草木染は主婦である母の趣味。“老い”や“主婦の趣味”に着眼すれば、基本生活スペースに組み込んで利便性を良くしたいところ。しかし、染色した糸を機織りで加工したり、布地の絞り加工など、繊維ものを扱うため、ホコリが出る。その度に掃除することを考えると、“老い”を意識するうえでも、むしろアトリエと基本生活スペースは分けておくのが無難である。
    次に、客間は草木染のお仲間を招いたり、時折訪ねてくる身内の宿泊スペース。どちらも、“和”の雰囲気が求められたこと、日常生活から切り離して考えられるところで共通していた。
    また、客間として“キレイ”でありたいとき、アトリエとして“汚れ”るときと、異なる状態が要求されたとしても、同時に・・・ということはないし(客間に通す必要のある来客が、約束もなしに突然訪れることはまずないので・・・)、日常生活から切り離されていれば掃除も楽だし、その時々で臨機応変に“キレイどころ”“汚れどころ”と使い分けることが出来ると考えれば、この2つは1つにまとめられる。


  4. 草木染の水場(屋根付)、駐車場(2台)
    一見まるで繋がりのない2つのスペースだが、実は屋根付の半屋外スペースということで共通していた。水場では、水をふんだんに使うことが多く、また臭いの出る藍釜を設置するので、通気性よく臭いがこもらないよう考える必要があった。駐車場については2台分確保するものの、常駐は1台。ならば、臨時のスペースは趣味の水場と兼用できるのではないかということで、1つのゾーンにまとめられる。
すると、比較的パブリックなスペースが敷地の南側に、寝室や居間・食堂などプライベートなスペースが北側にという南北2棟配置が自然に決まってきて、それらを繋ぐ通路部分に玄関を位置させ、屋内のレベル差もそこで処理し、スキップフロアで構成した。2棟の間は、デッキを敷き詰め中庭とし、居間・食堂と同レベルにすることで、室内と連続。使い勝手の良いプライバシーの高い外部空間となった。結果、前述の中庭、奥行きの深い緑の庭、住まいへ誘うためのアプローチと、3種の性格の異なる余白スペースを演出することが出来、風景を満喫できる住まいが導けた。中庭を挟み奥行きの浅い2棟に分けたことは、風通しや日当たりを期待できたし、母の好きな京都の町屋にも通じるのではと考えた。
いつの間にか、吹抜けも、ここが最上という位置に納まり、ようやく納得のいくプランが出来上がった。
4 5 6
プライベート、パブリックにエリア分けし、建物を2分する。そして大小2棟を、南北に並列配置
プライベート:基本生活スペースと寝室
パブリック:駐車場と客間兼アトリエ
通路兼玄関で、2棟をつなぐ。これにより、プライベートコートから切り離された、住まいへ誘うアプーローチ空間が生まれる 2棟の間に中庭を設け、通風・採光をよくする。ウッドデッキを敷き、室内とレベルを揃えることで、内外が連続し、よりプライバシーの高い庭となる
7 8 9
奥行きの浅い大小2棟配置により、奥行きの深い、緑の庭が確保される。プライベートコートの正面には居間を位置させ、眺めを楽しめるようにする サニタリーを北棟の東側にコアとしてまとめる。キッチンは中央に位置させ、回遊性あるプランとする 視線や音をさえぎるため、東西面ではハードな素材を使用し開口は極力少なくする。対照的に南北面では柔らかい素材を用い、通風・採光、景色を楽しめるよう、大開口をとる
10
架構図
居間の上部は吹抜け。中庭部分は平面ブレースをいれ、南北の棟を繋ぐ
sec
前面道路より1.2m程上がった雛壇敷地であるため、駐車場を組み込んだ南棟と北棟は、スキップフロアで構成される。南北棟は、中庭に植えられた花水木ごしに視線を通わせ、屋外を挟んで互いの部屋の気配を感じることができる。その趣は、京都の町屋よりヒントを得て計画したもの。各棟は、一室分の奥行きとし浅く計画されているので、通風・採光が充分に確保できる。
こうして結論から言ってしまうと、なぁ〜んだ、こんな簡単なことに気づくのに9ヶ月も費やしたの?と、我ながらあきれてしまうのだが、当時は2人とも必死だった。一応、気の合う2人と認めて一緒になったつもりだったのに、住宅とは!建築とは!真面目に追求すればするほど反りが合わず、よく議論から喧嘩になった。もとは赤の他人なのだから、生活習慣も価値観も違うのは当然のこと。しかも、「自分達の名で出るデビュー作品!」となれば相手に一歩譲るなど出来るはずなく、気負いで押しつぶされそうになりながら、とことんやりあった。基本設計最終案だって、本当は1つに絞るつもりでいた。だけどギリギリまで折り合いつかず、結局2案提出することに決定。もし相手の案に決まったとき、はたしてそれを受け入れ協力できるのかどうか、不安でしょうがなかったのを今でも思い出す。ところが提出前夜、いざ模型を作り始めてみれば、立体から受ける印象はそれまでとは違っていて、君の案でもいけるかも!なんて調子よくお互いを認めるようになっており(いい加減なようですが、不思議なもので、ちょっとしたきっかけで、物は違って見えるものなのです、ハイ!)両者納得のうえ、最後の軍配は素直に施主に委ねることができた。今だから言える話、ここで折り合えたから、今もパートナーとして続いているのだろうなぁ〜(笑)
振り返るとこの時期は、夫婦でも、親子でも、近い者同士が真剣に議論することの難儀さを、肌で実感した何ヶ月だった。(実際は、この後も続くのですけど・・・)思わず、“子はかすがい”なんて言葉も浮かんだものです。
そして今でこそ、この解答で正解だった!と自負している私達2人ですが、あの当時は本当にしんどかった!(笑)

「SHEDS」基本設計模型 sheds-model-01